診療日記(画像あり)

2013年1月17日 木曜日

診療日記第5話 包茎手術:楽に治療を受けていただくために [2005/1/18]

ちょっとした疑問やお悩みなど、Eメールでのご相談も承っております。電話よりも気楽なのか、毎日とても多くのメールを頂きます。特に最近割りとご高齢の方からもメールをいただいており、最近のインターネットの普及はすごいものだと感じます。
もちろん質問やご相談内容は人それぞれではありますが、その中でもとても多い質問があります。

「手術を受けたいのですが、麻酔は痛くないですか?」

このような質問が多いのは、私も男なのでよく分かります。女性に比べて男性は痛みや血に弱いんですよ、やっぱり。麻酔はほんの一瞬で終わるとはいえ、受けるまでの不安は何より苦痛でしょう。私も歯の治療を受けるときなんて、同じ気分です。歯を削ることよりも、麻酔の注射を打たれるのが恐くて恐くて。
実際たいして痛くなかったりするのですが、麻酔の注射が終わると、それでもう全部終わったような気になったりして。
話を戻しますが、どんな手術についても麻酔は行います。そもそも手術中の痛みを取り除くための麻酔なのですが、やはり麻酔自体一瞬ですがチクッと痛みはあります。よく「どのくらい痛いのか?」と聞かれますが、痛みの感覚は人それぞれですのでお答えに困ってしまいます。しいて例えるなら「歯医者さんの麻酔と同じくらいです」と言えば分かりやすいでしょうか?それでも中にはどうしても手術は受けたいが、麻酔の不安と痛みをなんとか軽くできないかと言われる方もいらっしゃいます。
もちろん方法は色々とあります。
例えば麻酔を打つ部分に、前もって麻酔のテープを貼っておき、多少なりと麻酔の注射の痛みを和らげる方法。
静脈麻酔により、全身の感覚を鈍くする方法。この場合眠気が出ますので、緊張も取り去り、楽に手術を受けることができます。
こういったご相談も、気軽にお話ください。
せっかく「治療したい」と勇気をもっていただいたのですから、できるかぎりのお手伝いをしたいと思います。
「治療は一瞬、悩みは一生」ですから。

投稿者 名古屋メイルクリニック

カレンダー

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30