診療日記(画像あり)

2013年1月17日 木曜日

診療日記第19話 包茎手術の傷痕

先日、他院での包茎手術の傷痕が気になると2名来院されました。
一人目は40代・既婚男性で、妻が豊胸の手術をしたので自分も長年のコンプレックスだった包茎の傷痕とペニスを大きくしたいと来院されました。傷痕は20年程前の傷痕で亀頭の下約3センチにあり、縫合線がギザギザになっていました。そして本人が一番気にしているのは縫合部の一部分に4ミリ程度の穴が空いてアカが溜まるのが気になると。
さすがに20年前の傷自体は凹凸・硬さも無く綺麗ですが、ギザギザした縫合線と穴は気になります。傷痕部分を切開して綺麗に縫合すれば最終的には、ほぼ1本の線にはなりますが、傷の硬さがなくなり傷が綺麗になるのには、しばらくかかりますし、なによりも勃起時に余っている包皮が殆ど無いため、ギザギザの修正はお勧め出来ません。穴に関しては切除して縫合して1つの悩みは解消したと思います。
増大に関しては亀頭増大・陰茎増大・長茎とありますが、痩せ型でペニスの埋没が少ないため長茎の効果は期待できず、陰茎増大(脂肪注入)は皮下脂肪がなければ無理です。従いまして亀頭増大のお話をして亀頭増大をご希望されました。
二人目は20代前半で2年前の包茎手術の傷跡が気になると来院されました。傷痕自体は全く問題がなく綺麗でしたが、縫合部が亀頭の下約1センチにあるためツートンカラーになっていました。傷痕を含めて1センチ程度切除すれば綺麗になりますが、この患者さんも勃起時の包皮の余りが全くなく切除による修正はお勧め出来ません。
それでも何とかなりませんか?とくいさがる患者さんに縫合部を削ればツートンカラーは目立たなくなりますが、傷自体は綺麗ですので、これからペニスを使い込めば目立たなくなります。一度良く考えて、それでも気になれば削りましょうとアドバイスをしました。
私は女性は包茎が嫌ではないと思いますが、不潔は嫌だと思います。包茎治療によって衛生面の改善・早漏防止・性行為のパワーアップになりますので包茎治療をしたことで自信を持って欲しいと思う反面、やはり見た目のコンプレックスで包茎手術を受けられる方が多いとあらためて思いました。
包茎手術の仕上がりは、大きな病院がいいわけではありません。手術するDrの経験と技術・手技はもちろんですが、綺麗にしようという気持ちが一番大切だと思います。
10年前に比べれば包茎手術後の傷痕修正で来院される患者さんは、かなり少なくなりましたが、包皮の取り過ぎも問題だと思います。もう少し患者さんの立場に立って治療をして欲しいなと感じます。

投稿者 名古屋メイルクリニック

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のブログ記事