診療日記(画像あり)

2013年1月17日 木曜日

診療日記第28話 亀頭包皮炎で包茎手術(画像あり)

包茎の人は衛生面が悪い為に亀頭包皮炎になる可能性が非常に高いです。
今回の患者さんは当院のホームページをみて「ペニスから膿が出ていて痛くてたまらない、亀頭包皮炎だと思いますので包茎手術ですぐに治して欲しい。」とお電話がありました。
来院時の写真です。

 
仮性包茎の状態で亀頭を出すとジュクジュクして亀頭と包皮に重度の炎症があります。
本人は「痛みが強いので包茎手術で治して欲しい。」と包茎手術を希望されましたが、術後の2次感染の問題と包茎手術をしても痛みは取れない事等を説明して軟膏と抗生剤の内服を処方しました。
1週間後に炎症が治まっていれば、今後の為に包茎治療をしましょうと経過で予約を取りました。


1週間後、炎症も治まり痛みもなくなった状態です。
包茎手術のカウンセリング後に包茎手術をされて帰宅されました。
ところが、1週間後の包帯除去の日に「自分で包帯を外したが糸が沢山付いていておかしい。」と不安そうに電話が入りました。
来院可能とのことで来院していただくとソフラチュールといって、術後の二次感染防止用の網目状のガーゼが付いたままになっていました。
(参考までにソフラチュールと包帯除去後の画像をお付けします。)

   
              ソフラチュールです。      包帯除去後です。白いのが糸です。

以前にもソフラチュールを糸と勘違いをして1カ月間付けたままにしていた患者さんを思い出しましたが、さすがに1カ月間も付いたままですと汚れてしまい包皮が弱り炎症を起こします。
この患者さんの場合は経過も問題なく「有難うございました。」と元気よく帰られました。
包帯除去後は清潔な状態と乾燥が傷の治りの早道です。
術後に関して何か心配や不安があればお気軽にご連絡下さいね。

●アドバイス
包茎の人は衛生面の問題で亀頭包皮炎や性病に感染する可能性が非常に高くなります。(詳しくは診療日記第14話を読んで下さい。)
若いうちは大丈夫でも年をとれば免疫力も低下します。ましてや入院や介護の状態になった時は自分では洗えません。
先の事を考えてご自分の為に包茎治療を考えてみてはいかがでしょうか。

参照:名古屋メイルクリニック院長の診療コラム
亀頭包皮炎について (http://nagoyamale.blog.fc2.com/blog-entry-4.html)

投稿者 名古屋メイルクリニック

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31