診療日記(画像あり)

2013年1月17日 木曜日

診療日記第32話 ペニスの見た目を大きくしたい(陰茎増大:画像あり)

温泉や旅行に行った時に他の男性のペニスと比べてコンプレックスになったというご相談を受けることが多々あります。いわゆる「見た目のコンプレックス」なのですが、見た目を良くする治療には包茎手術、亀頭増大、陰茎増大、長茎手術がありますが、今回は陰茎増大(脂肪注入)のお話をさせて頂きます。
陰茎増大は陰茎に脂肪を注入する事で、陰茎が太くなるばかりではなく、寒いときや緊張したときなど陰茎が収縮するのを抑える効果がありますので見た目の長さもでます。特に陰茎が縮こまる人には効果絶大な治療です。
陰茎増大によるメリットは
 1、陰茎に脂肪を注入することで平常時、勃起時を問わず陰茎が太くなりますので見た目がたくましくなり、性行為のパワ-アップになります。2、特に寒いときや緊張したときなどは誰でもそうですが、陰茎が収縮するのを抑える効果がありますので見た目の長さがでます。3、脂肪を注入した分、重さがでますので陰茎がお腹に埋没されにくくなります。4、脂肪吸引した部分の脂肪が減り見た目が良くなります。5、脂肪を注入した部分の感覚がいくらか鈍るので早漏防止になります。

画像の患者さんは40代で見た目を良くするために長茎と亀頭増大を希望と7月に来院されました。
包茎治療は他院にて15年前に済んでおり、見た目を良くするために亀頭増大、陰茎増大、長茎手術のお話をさせて頂きましたが、患者さんの予算の都合で亀頭増大と陰茎増大か長茎手術のどちらかを希望したいと。
この患者さんの場合、ペニスはしっかりとしていますが、陰茎が縮こまることによってバランス的に通常時の長さがたりませんので長茎よりも陰茎増大の方が効果が高いとアドバイスさせて頂きましたが、陰茎増大によって亀頭よりも陰茎が太くなると亀頭に包皮が被り見た目が悪くなるケースもありますので、まずは亀頭増大のみを当日治療して1ヶ月後の状態で陰茎増大か長茎手術のどちらがいいかアドバイスさせて頂く事になりました。


亀頭増大して約2ケ月後の状態です。
カリが出てしっかり亀頭が露出されていますので陰茎増大をすることになりました。

  
陰茎増大(脂肪注入)1週間後の状態です。陰茎が太く長くなりましたが、もう少し亀頭が大きい方がバランスがいいため1ヵ月後にモニターの感謝の気持ちで亀頭増大をモニター価格にて注入予定です。

●アドバイス
ペニスを大きくして欲しいという相談は多いのですが、増大をする根本的な目的が温泉旅行等の見た目のコンプレックス(コンプレックスの部屋参照)。もしくは異性を喜ばすための性行為のパワーアップ(パワーアップの部屋参照)とありますが、当然皆さん両方をご希望されると思いますが、患者さんといろいろな話をしながら私が逆の立場ならどうするかを効果、バランス等を考えてアドバイスさせて頂きますので、その上で予算、術後等を考えて患者さん本人がどうするか決めて下さい。
但し、一度にあれもこれもは無理ですよ。
状態をみながら治療をした方が確実に綺麗に仕上がりますよ。

投稿者 名古屋メイルクリニック

カレンダー

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30