診療日記(画像あり)

2013年1月18日 金曜日

診療日記第43話 ペニスのブツブツ、コンジローム?治療費160万?(包茎画像あり)

他院で尖圭コンジロームと診断されて早く治療をしないと大変な事になる。
包茎手術を含めて治療費はなんと160万?
本人はおかしいと思い、インターネットで調べてから当院に来院されました。
診察をしてみると陰嚢部(玉袋)と陰茎部に扁平のイボがありましたが、尖圭コンジロームではなく線維腫という良性の腫瘍がありました。
線維腫は性病でもありませんが、見た目の問題で切除をお勧めしましたが、他院でのこともあり不安があるということで、診察のみで帰られました。
2週間後に包茎治療と線維腫の除去を希望と再来院されましたので、ご紹介させて頂きます。


扁平のイボ(線維腫)が5箇所あります。


参考までに左が線維腫で右側が尖圭コンジロームです。
線維腫とコンジロームの外見上の違いは、尖圭コンジロームは1つ1つの尖ったイボが重なって1つの塊になっています。
(コンジロームの画像はグロテスクで気持ち悪いため、白黒にしました。)

 
手術後2週間後の状態です。
患者さんはかなり不安があったとのことですが、想像していた以上に線維腫も包茎治療も綺麗になり「治療して良かった、ありがとう」と。

●アドバイス
診療日記第9話でもご紹介しましたが、包茎治療でも何かしらの理由をつけて手術費用を高くするクリニックがありますが、少しでも胡散臭さがあれば治療をしては駄目ですよ。
又、フォアダイスや脂肪腫等の性病以外のブツブツをコンジロームと説明して治療させるクリニックもありますので注意して下さいね。
参考までに尖圭コンジロームであれば包茎等の環境や出来ている場所にもよりますが、1カ月で大きくなったり、増えたりしますよ。

投稿者 名古屋メイルクリニック

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のブログ記事