診療日記(画像あり)

2013年1月18日 金曜日

診療日記第50話 勃起不全治療剤 シアリスの処方について

シアリス錠は勃起障害患者を対象に外国における様々な臨床試験を実施した結果、勃起不全治療剤としての有効性と安全性が確認され、日本では2007年7月31日に厚生労働省の承認を受け、日本イーライリリー社より9月12日発売になりました。
発売開始に伴い、当院でも同日勃起不全治療剤シアリス錠を、処方する事となりました。

シアリスの特徴及び注意事項
●シアリスは1回の服用で約36時間の有効性が認められています。
(バイアグラは約4時間、レビトラは約4~5時間の有効時間とされています。パートナーに内緒であったり、食事などの影響からバイアグラ、レビトラの服用のタイミグが難しいと感じる方には、時間を気にすることなく安心して服用頂けます。)
●シアリスは食事の影響をまったく受けません。
●シアリスは服用後、約1時間程で性的刺激を受けて勃起します。
●シアリスを使用することにより射精感が戻り、早漏防止の効果があります。

シアリスが処方できない方
1、本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある方。
2、硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(狭心症、心筋梗塞の薬のニトログリセリンを服用中の方。
  (詳しい禁忌薬名はクリックしてください。
3、心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる方。
4、重度の肝障害のある方。(黄疸があるなが重症例)
5、低血圧の患者。(血圧で上が90mmHg以下)
治療により管理されていない高血圧の方。
安静時で上が170mmHg以上か下が100mmHg以上の場合。
6、脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヶ月以内にあった方。
7、網膜色素変性症と診断された方。
8、先天的に不整脈(QT延長症候群)がある方や、現在、抗不整脈薬を使用中の方。
9、血液透析が必要な腎障害のある方。
10、不安定狭心症の方。
11、抗ウイルス薬(HIV治療薬)、抗真菌薬(内服)を使用中の方。
  (詳しい禁忌薬名はクリックしてください。
12、α遮断薬(排尿障害や高血圧の治療薬)、を使用中の方。
  (詳しい禁忌薬名はクリックしてください。

●当院でも9月12日よりシアリス錠を処方いたしますし、自分でも早速使用してみたいと思います。

EDの治療は、 シリアス以外にもバイアグラやレビトラといった内服薬で簡単に治療ができますのでお気軽にご相談下さい。

参照:名古屋メイルクリニック院長の診療コラム
ED(勃起障害)について (http://nagoyamale.blog.fc2.com/blog-entry-9.html)

投稿者 名古屋メイルクリニック

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31