診療日記(画像あり)

2013年1月17日 木曜日

診療日記第9話 包茎手術:どこも同じ?

「包茎手術15万円~」
ホームページに表示してあるにも関わらず、実際は・・・
「15万円の費用では亀頭直下で縫合する手術はできない。傷口が目立たない亀頭直下埋没法で手術するには50万円かかる」
「亀頭の皮膚が弱いのでコラーゲンの注入をしておかないと、手術後に痛みが強く出て耐えられませんよ」
「皮を剥いてみると炎症がひどいですね。コラーゲンを注入して皮膚を強くしておかないと治りませんよ」
患者さんにしてみれば、ホームページに記載された金額を目安にして病院に行くわけですが、あれやこれやと理由をつけられ、包茎手術で140万円!
驚かれる方も多いでしょうが、当院で治療を受けられた患者さんが、実際に某クリニックで提示された金額なのです。手術を受けるつもりで用意していった15万円とはあまりにかけ離れた金額でした。
「そんなにかかるんですか?」と質問すると「安い手術を受けて傷が残れば一生ものですよ。今は高いと思っても、これから長い人生の中で、よかったなと思う日がきますよ」と、なんとももっともらしい言葉。
返答に困っていると「ローンで少しずつ返していけばいいですから」と早速ローン用紙の記入を迫られたというのです。ローンを組むとはいえ大変な金額です。その場は「ひとまず考えさせてほしい」と逃げるように帰ってきたそうです。
それ以来、美容外科というものに不信感を抱いてしまったとのことですが、やはり治療は受けたい・・・
「とりあえずカウンセリングだけ」と当院へ来られたのですが。
希望の治療は「仮性包茎」ですので、当院での治療費は¥157,500-です。もちろん亀頭直下埋没法にて、完治後の見た目を重視した治療をいたします。
ところが、金額をお話した途端なぜか不信な表情。
「その金額でちゃんとした手術をしてくれるんですか?」
なんと、以前行かれた某クリニックとの落差があまりにありすぎて、この患者さんの中で「安い=手抜き」と思われてしまったようでした。
私にしてみれば"140万円"という金額が異常なことだと思うのですが。
どこの病院で治療を受けられるのか、それを決めるのは患者さん本人の意思です。ただ、巧みな話術にハマッて泣く事のないよう、ご注意下さい。
何と言われようが「自分の為の治療」なのですから。

投稿者 名古屋メイルクリニック

カレンダー

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30