診療日記(画像あり)

2013年1月31日 木曜日

第103話 キズアト修正手術 亀頭直下で美しく修正しました(画像あり)

亀頭直下→亀頭直下
他院での手術後の修正手術は、本年も何百例と行ってきましたが、今回の患者さまの状態は亀頭直下に縫合した部位が、腫れあがり、リングのように硬くなってしまった状態の修正です。
キズアト修正は環状切開→亀頭直下の修正が圧倒的に多いのですが、亀頭直下→亀頭直下の珍しい症例です。



このような状態になる原因は4つあります。
1、元々ケロイド体質で切りキズに赤いミミズ腫れのような凹凸が出てしまう。
2、包茎手術後の術後管理をおろそかにしてしまった。
3、包皮の内側を溶けないナイロン糸で固定しているため、異物反応が出た。
4、縫合時に使う吸収糸(溶ける糸)が体質に合わなかった。

患者さまに確認してみたところ、ケロイド体質でない、術後管理は指示通り行ったとの事。
3と4の可能性が高いので、今回縫合は極細のナイロン糸を用いました。
患者さま曰く「自分としては今回修正手術をしても、結局同じような状態になってしまうと思っていますが、やるだけやってみたい。」というお気持ちから、修正手術を決意したそうです。


元々の手術の左右のバランスが悪かったので、左側に比べて右側に2ミリ程度縫合線が下がりました。あくまで勃起時の長さを優先させるため、この仕上がりが限界である事を患者さまにお伝えしましたが・・・仕上がりに100点をいただきました。ありがとうございます。


14日目抜糸直後の状態です。
ある程度の予想はついていましたが、縫合線の左右差がほとんどなくなりました。

 
手術前と手術後を比べてみましたが、違いがはっきりと分かります。なぜ手術前の状態になったのか結局のところ分かりませんが、今回の症例のようにメイルクリニックでは亀頭直下からさらにキレイに仕上げる亀頭直下ができます。他院の手術後の状態に疑問があれば、状態の確認(無料の診察カウンセリング)を行いますので、お気軽にお問い合わせください。

今回の治療費
キズアト修正手術(極小ナイロン糸使用)¥157,500-

投稿者 名古屋メイルクリニック

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のブログ記事