診療日記(画像あり)

2013年1月31日 木曜日

第104話 他院の手術と比較 自然な仕上がりの包茎手術(画像あり)

三重苦パート2
今回の患者さまは診療日記第102話同様、自称三重苦を持った方です。前回は包茎・短小・亀頭のブツブツでしたが「私の場合はもっと重症です。」がこの患者さまの第一声でした。

今回の三重苦、カントン包茎・亀頭の先細り・短小です。

三重苦のコンプレックスから、満足する性交渉ができない、自信が無くなったから、女性とは疎遠になったとの事でした。
見た目は洒落たナイスミドルなのに、女性に疎遠とはもったいないです。それでは、東京新宿(名古屋)メイルクリニックにてお望みを叶えて差し上げましょう。


自然な仕上がりを希望
「こんな私が言うのもなんですが、あからさまに手術をしたというのが分かる仕上がりは避けたいです。まだ未婚ですし、できれば女性が見ても分からない、自然な仕上がりを望んでいます。」
患者さまの手術に対する想いは皆同じです。何のために手術をするのか、理由をお聞きするとほとんどの場合は見た目の改善です。
包茎手術によってとりあえず亀頭が露出されたとしても、手術後の仕上がりが醜く新たなコンプレックスを作ってしまう様では、手術をする意味が無いと考えます。


皆さまはこの画像を見て、どの様に思われますか?亀頭が露出してとりあえず清潔なペニスの状態になってはいますが、術後のキズアトから誰が見ても、包茎手術をした事が分かりますよね。
・ツートンカラーになっている。
・縫合線の凹凸が目立ち醜い。
・縫合線の下段に締め付けが残っているため、全体的に不格好に見える。

この包茎手術は最近、神と謳われた某クリニックの環状切開法による仕上がりです。

見た目以外にも大きな問題点がたくさんありますが、それは次回の診療日記の修正手術にて触れる事にします。


では、今回三重苦を訴えた患者さまの手術前の状態です。確かに今風の言い方をするなら、残念な状態という事でしょうか。「もういい歳なので(40代前半)温泉やサウナが苦痛だった。」そうです。
実は画像では分かりにくいのですが、カントン包茎の状態(勃起時に締め付けが強く痛い)でした。
したがってご希望通り、長茎手術、カントン包茎手術、亀頭増大(バイオアルカミド2cc注入)を同時に施術しました。手術時間は40分程度でした。


14日目、抜糸直後です。
長茎手術による陰茎根元のわずかな縫合線と、包茎手術による亀頭右側のカリ下に若干の腫れはありますが、あと2週間も経過すれば、根元のキズは凹凸が無くなり、また陰毛に隠れで分からなくなり、カリ下の腫れも落ち着き、完璧な状態になるでしょう。
長茎手術、カントン包茎、亀頭増大が自然な仕上がりです。
 

仕上がりの差
 

某有名クリニック            名古屋メイルクリニック
名古屋メイルクリニックの方が手術内容は多いですが、仕上がりの美しさに断然(歴然)の差があると断言できます。いかがでしょうか。


今回の治療費
カントン包茎手術 ¥178,500-
長茎手術     ¥315,000-(包茎手術と同時の場合)¥262,500-
亀頭増大2cc  ¥252,000-(包茎手術と同時の場合)¥210,000-    
    合計   ¥651,000-

投稿者 名古屋メイルクリニック

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のブログ記事