診療日記(画像あり)

2013年6月 7日 金曜日

診療日記第109話 ツートンカラーの修正手術と性感帯について+せっかくなのでリング挿入(画像あり)

今回の患者さまは「ツートンカラーを治して欲しい」と言う i さんです。

以前から再三にわたりツートンカラーの手術について解説してきましたが、
他院の環状切開法一辺倒で仕上げる執刀医が「亀頭直下で仕上げたら、
性感帯が無くなる」とか言う魔法の呪文を駆使して・・・・・???

亀頭直下で仕上げても、
性感帯は無くなりません。


問題は、当院にツートンカラーの相談に来る方の多くは

手術前よりも手術後に大きなコンプレックスを抱えてしまっている事です。

ツートンカラーで仕上げた執刀医に聞きたい。

本当にあなたの患者さまが、その仕上げで満足しているのですか?と!


包茎を治したい理由は、見た目の改善が大半なのに

誰が見ても、手術したという事がわかるようでは

手術した意味が無くなります。

環状切開法が悪いわけではありませんが

患者さまの包皮の質や

切除部位の色素の違いをしっかりと把握した上で

メスを入れなければ

健常者に行う医療サービスにはならないと思います。

時としてコンプレックスは、

精神的、肉体的苦痛を生み出すことがあります。


結論は

我々は、修正手術を生業にしてはいるのですが

「修正手術なんてあってはならないこと」だと思います。

 i さんは

手術後10年のコンプレックスを経て

わざわざアメリカからお越しになりました。

と言ってもIさんは日本人です。




内板と外板の色素の違いがハッキリしているため

ツートンカラーが目立ちます。

このIさんの手術を担当した執刀医に聞きたい。

本当にIさんがこの仕上げで満足しているのか、聞いた事がありますか?

経過観察で、 i さんの声に耳を傾けた事がありますか?


i さんはこの状態を「ジャパニーズスタイル」と勘違いされたら困ると申しておりました。

日本人ではありましたが、アメリカナイズされた

陽気な性格だったので

せっかくメスを入れるのなら

是非是非

アメリカンガールを喜ばせたいと

烈火の如く

リング挿入をご希望されました。

勃起時、包皮が余っているのか心配でしたが・・・



見て下さい。ちゃんと

神のご加護がありました。

Iさんのお顔は悪魔のような風貌ですが(笑)

ちゃんと神に愛されていたようです。

完全にツートンカラーがなくなり

亀頭下にガッチリ、リングが入っています。

手術1カ月後に

アメリカから電話がありました。

結局、内板を中途半端に残していた状態と
修正手術後のほとんど内板を切除した状態では
性感の違いなんて
まったくありません!!!


との事でした。


亀頭下の包皮は性感帯だから、残さなければダメと言われ、
ツートンカラーになってしまった方に、
この事実をお伝えしたかったです。


さて、リングの効果はと言いますと・・・・・

それまでは、行為中にスーハースーハーとしか言わなかった

アメリカンガールが

OH~YES! OH~YES!
(めちゃめちゃええで!めちゃめちゃええで!)


と言うようになったそうです。

これぞジャパニーズおもてなしの心。

メイルクリニックのシリコンリングがこんな形で

クールジャパン戦略の一躍を担うとは思いませんでした。(笑)


包茎手術をご希望される方は、当院でも他院でもご自身の主張をハッキリされた方が良いと思います。主張がなければ、執刀医の一方的な見解から、 i さんのように望んでいない仕上がりになる事があります。今日手術をしてくる!と強い気持ちで臨まれたとしても、カウンセリングに納得できなければ、一度その場を離れて、考えてみる事も大切であると思います。メイルクリニックでは必ず、なぜ手術をご希望されるのか確認します。その上で、ご希望に応じて、我々のできる手技を事細かにお伝えします。手術後に一片の後悔がないように、カウンセリングに時間をかけて、できるだけ患者さまのお気持ちに沿えるよう、手術のご案内をしていきたいと思っております。

注)患者さまが環状切開法をお望みであれば、ツートンカラーの仕上げに我々が苦言を呈する事は致しません。


今回の手術費用

キズアト修正手術  157,500円
シリコンリング挿入   210,000円
合計           367、500円



投稿者 名古屋メイルクリニック

カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31