総院長のひとりごと

2013年7月17日 水曜日

総院長のひとりごと(思い出編その3)

その焦りの中、同僚とわずか2、3年の経験で、美容外科クリニックを開院しました。そんなに甘くはないですよね。1年も続かず、さらに深刻な状況になっていました。その頃ですね、寝汗をかいていたのは。クリニックを締める時にはかなり人間関係が崩壊してしまいましたね。今でも、いくらか余韻を引いているかもしれませんね。そんな時、個人病院の院長の仕事の話があって、平成5年の春だったと思います。僕の診察日は、週3日で、収入は激減しましたから負債の返済なんか全くできません。

そんな時にその個人病院のオーナーに弁護士を紹介され公私ともいろいろと勉強させていただきました。その先生は今でも顧問をしていただいてます。その病院は地域の診療所のようなもので、一般診療、健康診断、人間ドックなどで、いい経験でした。負債のことは、頭から離れなかったですけどね。結局、その先生にアドバイスを受けながら10年がかりで清算しましたが、この時期のどこかで、祖母の言葉の意味がいくらかわかったような気がしますが、その当時は何も考えられなかったですね。
「これから先、どうなるかなぁ?」って気力もなく、2、3ヶ月過ぎた頃、
「もしもし、Tですけど、久し振り。元気にしてますか。」 美容外科をしている友人からの電話でした。
「本当に、久し振りだね、どうしたの。」
「急なんだけど、週に何日か、手伝ってくれないかな?」という電話でした。
そんな時期でしたので、あまり深く考えず「いつから?」軽く引き受けましたね。
後々、この電話が大きな転機になったわけですけど。
週1日が、週2日になり、結局一般診療の方が、週1日になり、いつの間にか友人のクリニックがメインになっていきました。
このスタイルが、オーナーの御子息に院長を引き継いだ、平成9年の春まで続きました。
そして、仕事としては最も充実していた10年間に入っていくことになります。
では、続きは、次回に。

また、気軽にメール相談して下さいね。

総院長 伊藤 暁彦

投稿者 名古屋メイルクリニック