診療日記(画像あり)

2013年9月15日 日曜日

診療日記第114話 患者様に書いていただいた診療日記シリコンリング編その3(最終話に画像あり)

注)今回は患者さまが書いた診療日記を掲載します。あくまで患者さま主観の内容なので、メイルクリニックの解説までは、一切修正加筆を行っておりません。

その2はこちら

<不良中年愚息改造計画 施術後その3>

さて、ついに包帯が取れる5日目です。
クリニックのアドバイス通りシャワーで患部を濡らしながら包帯を剥がします。
幸い、施術2日目に縫合箇所の出血を綺麗に処置して頂いたので、全く痛みを感じること無く包帯を剥がす事が出来ました。

そして愚息とご対面。
最高の仕上がりです。リングの挿入位置、縫合箇所の状態、ともにいうこと無し。
腫れもほとんど無く愚息に見惚れてしましました。

クリニックのお話では包帯が取れた後に患部に腫れ(浮腫)が生じる事が多く、縫合箇所がジュクジュクする可能性があるとの事でしたが、私の場合どちらの症状も無く、順調そのもの。愚息の強さに自信を持ちました。

包帯が取れてからの痛みは、リング挿入部の多少の違和感と包皮のツッパリ感。
そして縫合箇所が多少つれる感覚と痛痒さがあるくらいで、なんら問題ありません。
1日ごとにそれらの症状も緩和され快適そのもの。抜糸までの1週間がとても長く感じられました。
抜糸を明日に控えた施術後2週間目の状態は・・・
縫合箇所も全く問題無し。痛みもツッパリ感もありません。勃起力も問題無し、というより施術前より勃起力が強くなったように感じます。
なにより施術前にイメージしていた通りの綺麗な仕上がりに大満足。用も無いのにちょくちょくトイレで対面してはにんまりしています。
抜糸そして1週間後の使用解禁が楽しみです。

さて、余談ですが術後のケアについては必ずクリニックの指示を遵守し少しでも不安があればきちんと問い合わせする事をお勧めします。
短時間の日帰りとはいえ、自分の体にメスをいれ異物を挿入するわけですし、万が一不測の事態が生じた時、後悔する事が考えられますからね。
普段は人の言う事をあまり(周りからは全くと言われていますが)聞かない自分ですが、きちんと言いつけを守りました。

その4につづく




投稿者 名古屋メイルクリニック

カレンダー

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30