ホーム > ED治療バイアグラ等 > ED(勃起不全)の原因


EDはストレスなどの“精神的なもの”と思っている方が多くみられますが、
その他にも糖尿病、高血圧症、喫煙、飲酒など、好ましくない生活習慣からEDが起こることがあります。
性的刺激によって神経を介し勃起の信号が送られると、陰茎海綿体の動脈が開いて血液が流れ込みます。
海綿体はスポンジのように血液を吸い込んで貯め、膨張して硬くなります。これが勃起した状態です。
しかし、何らかの原因で動脈の開き方が不十分だと、血液の流れ込み方が不足しEDが起こります。
EDの原因は心因性EDと器質性EDと混合性EDに大別されます。

症例写真は診療日記にてご覧いただけます。 >> 診療日記
ED(勃起不全)治療に関するQ&Aはコチラ >> 泌尿器Q&A
 


不安・あせり・緊張・精神的ストレス・過去の性交の失敗などによる自信喪失・うつ・その他の精神症状などがED(勃起不全)の
原因になります。子作りでのプレッシャーでも心因性EDになる場合があります。



飲酒 アルコールは中枢神経系を抑制するように働きます。適量を過ぎると勃起の機能を妨げることがあります。
慢性的な喫煙 喫煙は勃起を維持するための必要な血液を減少させ、院頚動脈に影響を与えることがあります。
糖尿病 糖尿病になると、血管や神経が障害されるため、血管が硬くなったり、性的刺激による血管の拡張が起こらなかったりして、血流を抑えられED(勃起不全)の原因になります。
血管性疾患 脳梗塞や心筋梗塞などの血管性疾患・高血圧・高脂血症などは、血管に影響を及ぼし、
十分な血液が流入しない状態になり勃起機能を低下させます。
神経疾患 脳・脊髄・神経障害はアルツハイマーや脳卒中、多発性硬化症・パーキンソン病と同じようにED(勃起不全)の原因となります。
男性ホルモンの
分泌低下や異常
ホルモンバランスの異常もまれにED(勃起不全)の原因となります。
薬の副作用 うつ病や精神病の薬による副作用でED(勃起不全)の原因になります。
前立腺がんや
膀胱がん治療
前立腺がん、膀胱がん、直腸がんなどに対する摘出手術では、勃起を起こさせる神経が損傷し、EDになることがあります。同様に前立腺肥大症に対する経尿道的手術(TUR-P)でも
ED(勃起不全)が起こる場合があると言われています。



上記の心因性EDと器質性EDの両方が原因です。