ホーム > 包茎手術 > 普段から亀頭を露出させるには?



包茎治療には見た目・衛生面・早漏防止・性行為のパワーアップ等いろいろな意味がありますが、最終的には通常時から亀頭を露出させたいということになりますが、包皮が厚い人、亀頭が小さい人、肥満体型の人などは包茎手術だけでは亀頭が露出しにくい場合もあります。
包茎手術はあくまでも勃起時に余っている余分な包皮を除去するだけです。それ以上の包皮を除去すると勃起時に包皮が足りなくなります。ということは通常時(非勃起時)にはペニスが縮むため包皮はダブつきます。平常時に包皮が余っていない人はいないのです。
何を目的として包茎治療をするかにもよりますし、包茎手術だけでも充分に意味があります。ただ、できれば亀頭を露出させたい場合にはペニスの状態によって亀頭増大もしくは長茎手術が効果的です。
下記の診療日記にて包茎に関する症例を写真を使用してご紹介していますので、参考にして下さい。

症例写真は診療日記にてご覧いただけます。 >> 診療日記
包茎に関するQ&Aコチラ >> 泌尿器Q&A
 


包皮が厚い人はシワがよりにくいため、戻ろうとする力が強いです。亀頭と陰茎のバランスにもよりますが、包皮の戻ろうとする力と亀頭がケンカして亀頭が勝てばいいのですが、負ければ亀頭に包皮が被ります。その場合は亀頭が勝てるように亀頭増大が効果的です。ただし、亀頭増大の増大効果には限界があります。



上記でも述べましたたが、亀頭と陰茎のバランスで亀頭のカリが出ていない場合はどうしても亀頭が露出しにくいです。その場合も亀頭増大が効果的です。当院では1回の治療ではザイプラスト2本までです。亀頭が大きい人で3本入る人もいますが2本までです。もともと病気ではありませんので無理は出来ません。参考までに料金は1本84000円2本で157500円です。



若い頃は亀頭が露出していたのに、太ってきて包茎になったと来院される患者さんも多いのですが、お腹の皮下脂肪が付けば付くほどペニスはお腹に埋まってしまいます。いわゆる埋没陰茎という状態ですが、お腹に埋まった分だけ包皮は前に押し出されてしまいます。その場合は埋まっている部分を外に出す長茎手術が効果的です。
ただし、今まで最高で体重が140キロの人が長茎をしましたが、皮下脂肪が多過ぎて元に戻ってしまいました。皮下脂肪が極端に多い人は長茎をしても元に戻る可能性があります。頑張って痩せた方がお金もかかりませんしペニスの見た目も良くなります。なにより、健康的になって体も軽くなりますよ。

『さらば!男の悩み』 診療日記

各症状について解決中!!(画像・写真あり)