Q1:サオを太くしたいので、陰茎増大脂肪注入を希望しています。カウンセリングを受けに行く日と手術日は別の日になりますか? あまり時間が取れない為 一度に出来ると良いなと思います。



先生からのアドバイス

A1:
陰茎の包皮が余っていない状態で、採取する脂肪(おへそから下の皮下脂肪)があり、糖尿病等の治療にリスクがなければ、カウンセリング後に納得されてご希望されれば当日治療は可能です。



Q2:脂肪注入後勃起状態はぶよぶよになるといいますが本当なのでしょうか?


先生からのアドバイス

A2:陰茎増大(脂肪注入)は最終的に2・3ミリ程度の脂肪の層ができます。従いまして陰茎自体は4~6ミリ程度太くなりますが、脂肪自体は柔らかいですが、陰茎自体は注入前と変わりませんので2・3ミリでぶよぶよにはなりませんのでご安心下さい。



Q3:陰茎増大術の内容に脂肪を吸引し、その吸引した脂肪を注入すると言う方法に大変興味がわきました、脂肪注入は年月が経っても小さく戻ってしまうことは無いのでしょうか?またシリコンより脂肪注入の方が良いのなら、その方法で亀頭増大も出来ないのでしょうか?長くなりましたが、男としてまだまだ若いと思いますし、これからもセックスを楽しんでいきたいと思い生ますので宜しくお願いします。


先生からのアドバイス

A3:脂肪注入は注入量の約半分が吸収されますが、半分は自分の脂肪として毛細血管が入りお腹等の脂肪と同様に生着します。
効果としては陰茎が太くなるばかりではなく、通常時に陰茎が収縮することを抑えてくれる効果がでますので見た目の長さがでます。
シリコンボールと脂肪注入では性行為のパワーアップを希望であればシリコンボールをお勧めしますが、見た目を大きくしたいのであれば陰茎増大がお勧めです。
また、亀頭に脂肪は生着しませんので亀頭増大であればバイオアルカミド注入をお勧めします。




Q4:陰茎増大を考えています。とりあえず、増大のエクササイズを一ヶ月ほどしてみましたが、なんとなく少し太くなったような気がしてますが、平常時に包皮が亀頭を包み込むようになってしまいました。いわゆる仮性包茎の状態です。前はそのようなことがなかったのですが、どういうことなんでしょうか。このままですと、考えてもいなかった包茎の対策を考えなくてはならないのかなと思っています。よろしくご教授のほどをお願いします。


先生からのアドバイス

A4:陰茎がなんとなく太くなって、平常時に包皮が亀頭を包みこむようになったのは、亀頭(カリ)と陰茎(サオ)のバランスの問題かもしれません。陰茎が太くなったことで、亀頭が先細りの状態になり、包皮がカリ首で止まらなくなってしまった可能性があります。この場合、亀頭増大でカリ高・エラ張りの状態にしてあげると、包皮も被りにくくなりますし、亀頭と陰茎のバランスも良くなるので、見た目も良くなります。
また、陰茎増大は勃起時に均等になるように脂肪を注入します。太くなった分、亀頭と陰茎のバランスが悪くなり、亀頭に包皮が被ってしまう可能性があります。勃起時に余分な包皮がある場合は包茎治療をされてから陰茎増大をされると効果的です。包茎治療で亀頭が平常時から露出した状態になれば見た目・衛生面・早漏防止・性行為のパワーアップと実に意味があります。
ただし効果的な治療はペニスの状態で異なりますので、まずは診察を受けて下さいね。




Q5:ご相談したい内容はズバリ「ペニスのサイズ」です。具体的には・勃起時には11cmほどですが、太さが足りません。
普通サイズのコンドームでは余裕があり過ぎ、sサイズを使用しています。
平常時の大きさが、若い時に比べてより萎縮したように感じられ、他人に見られるのが恥ずかしい。
実際、風俗の女性に「小さい!!」と笑われた経験有り。
男性自身のサイズには若い頃よりコンプレックスがあったのですが、こちらのHPを拝見し、相談させて頂きました。
当方、神奈川在住で都内のクリニックが近いのは当然ですが、いくつかのHPを拝見したところ、こちらが安心度では一番でしたので是非こちらでと思っております。


先生からのアドバイス

A5:ペニスを大きくする方法は亀頭増大・陰茎増大・長茎術がありますが、包茎の状態であれば包茎手術が見た目・衛生面・早漏防止・性行為のパワーアップ等いろいろな意味があります。
又、ペニスの太さに関しては陰茎増大(脂肪注入)がお勧めです。