ホーム > 包茎手術 > 何で包茎って良くないの?


亀頭が普段露出している人でも性行為時に毎回同じ場所が切れて痛くて途中で萎えたり、その場所から炎症が広がりコンジロ-ム等の性病に感染する人もいます。これは切れる場所に絞扼輪という狭い所があり、カントン包茎の可能性があります。
また、診療日記26話39話でご紹介していますが、仮性包茎の人が炎症を繰り返すことによりカントン包茎や真性包茎になったり、カントン包茎や真性包茎の人が炎症を繰り返してピンホール真性包茎になったり、亀頭と包皮が癒着してしまうケースもあります。
このように包茎のデメリットをタイプ別に説明していきます。治療するかどうかの参考にして下さい。
下記の診療日記にて包茎に関する症例を写真を使用してご紹介していますので、参考にして下さい。

症例写真は診療日記にてご覧いただけます。 >> 診療日記
包茎に関するQ&Aコチラ >> 泌尿器Q&A
 


亀頭が包皮に覆われているとジメジメした状態をつくり、その部分が雑菌の温床となって性病や独特な悪臭の原因になってしまいます。特にむいた状態の先端部 分の皮は非常に弱い部分でジメジメしていると包皮が弱り傷が入りやすくそこから雑菌が入って包皮炎や亀頭炎などを起こしやすくなります。それが雑菌ではな く性病の菌やウイルスであれば性病に感染する訳です。事実、性病で来院される患者さんのほとんどが包茎の人です。
また、性行為に関しても早漏や逆に不感症の原因になったり、女性に対しては皮が動いてしまって有効な刺激を与えられなかったりもします。 もちろん見た目も良くありません。



仮性包茎の欄で挙げた事はもちろんですが、この場合は通常の性行為に影響(包皮が切れてしまったり、痛みがあったり、腫れあがってしまったり)が出てきたりもします。
ひどい場合は、むけたまま勃起してしまって、元に戻らず亀頭の下がド-ナッツ状に腫れてしまう事もあります。



一番重度のタイプなので上記の事はもちろん、排尿や勃起などにも支障がでてしまうケ-スもあります。亀頭を露出する事が出来ない為、衛生面が非常に悪く、中で炎症を起こして亀頭と包皮が癒着する場合もあります。

包茎って何?仮性包茎とは?カントン包茎とは?真性包茎とは?来院理由
何で包茎ってよくないの?メリット・デメリット包茎手術術後の管理亀頭の露出治療の痛み
術後のキズ跡
他院で手術したキズ跡いろいろ心配で
 

『さらば!男の悩み』 診療日記

各症状について解決中!!(画像・写真あり)